Blog

サービスパッケージ/価格

  • カメラ
  • ライト
  • オーディオ/ナビ
  • レーダー/ドライブレコーダー/セキュリティ
  • コーディング変更
  • テレビキャンセル/リアモニター
  • AXISインディビジュアル
  • ボディコーティング
  • ホイール/サスペンション
  • マフラー/コンピュータ
  • エクステリアアイテム
  • インテリアアイテム

Blog

Blog一覧へ

カテゴリー

ホーム > Blog > スタッドレスタイヤについて ー高山持論編ー

スタッドレスタイヤについて ー高山持論編ー

2016年11月12日

こんばんは

アクシス大阪の高山です(^ ^)

 

普段のブログでは、店舗作業車両を中心にご紹介していますが、、、

本日は冬本番を前に、お客様から実際にいただいたご質問を例にスタッドレスタイヤ」の持論を熱く熱く語らせていただきます。笑

 私は10年間、自動車業界に勤めておりまして過去に所有した自家用に、ブリヂストン・ヨコハマタイヤ・ダンロップ・ファルケン・トーヨー・ミシュラン・ピレリー・無名海外メーカーのスタッドレスを装着した経歴がございます。

一見ただの無駄遣いに思えますが、お客様のニーズに合わせた「スタッドレスタイヤ選び」をご提案するべく、シーズン中は毎週タイヤ交換をしていました。笑

少し話はそれましたが、早速本題に入らせていただきます(^ ^)

 

スタッドレスタイヤでドライ路面を走行できるのか⁇

スタッドレスタイヤでのドライ・ウエット路面の走行はもちろん可能です(^ ^)

降雪地域では、高速道路でスタッドレスタイヤの規制が発令される場合があります。

規制が発令された場合、サマータイヤ装着車両は一般道への迂回を余儀なくされます(-。-;

チェーンの場合、雪上以外の路面を走行すると切れてしまう可能性が高い為、天候に合わせて脱着が必要となります。私も経験がありますが手がかじかむ状況の中でチェーンを装着するのは慣れている方でも困難です。。

スタッドレスタイヤを装着していれば万が一規制が発令された場合でも、付け替えを要さず、ルートを変更する事なくドライブを継続できます。

降雪地域へお出かけの際は必ず天候をチェックし、事前の準備をお勧めします♪♪

 

 どのメーカーのスタッドレスタイヤを選んでいいか分からない

弊社でも一番多くお問い合わせをいただく内容です。

一概にはお答えしにくい内容ですので、あらゆる視点で解説いたします(^ ^)

 

①価格重視でのスタッドレスタイヤ選び

長くても4ヶ月、何回使用するかも分からないスタッドレスタイヤに高額な費用を掛けたくない‼︎というには、ごもっとものご意見かと思います。

ここで、無名海外メーカーを装着した際の体験談をご紹介します。

正確には覚えていませんが1本あたり 5〜6,000円のスタッドレスタイヤを装着していたのですが、かなり滑りました。笑

ロードノイズも酷く、雨の日はブレーキの制動力も著しく低下します。

正直に申し上げますと、お勧めはしません‼︎ 

 

②非降雪地域にお住いの方のタイヤ選び

書き出すとキリがなくなりそうなので、私がメインに担当させていただいています近畿圏内(非降雪地域)の方のタイヤ選びのポイントご紹介します。

雪上性能に関しまして、国内メーカー・海外メーカー(ミシュラン、ピレリーなど)共に均衡しています。

商品代金も大きな差はありません。

メーカーの試乗会や自家用車での経験から申し上げますと、スキー場や温泉旅行にお出かけの際は、除雪された路面を走行しますので、初心者の方でも問題なく走行できます(^ ^)

非降雪地域にお住いの方は、シーズン中の使用割合を考えると、ドライ&ウェット路面での使用が圧倒的に多いかと思います‼︎

ここで重要になってくるのが、ドライ&ウェット性能です。

サマータイヤに比べてコンパウンドが柔らかいスタッドレスタイヤは、直進安定性やコーナーでの剛性力に差が出ます。極端な表現をすると「ふにゃふにゃ」とした感じです。

いかに夏タイヤに近い感覚で走行できるタイヤは⁇と問われれば、間違いなくミシュランをお勧めします‼︎

 

③ミシュランがスタッドレス世界シェアを独占する理由

ミシュランタイヤは全世界で多くの車の足元を支えています。

国産ブランドの多くは、スタッドレスタイヤの速度レンジは、[Q規格となります]

速度記号とは、規定の条件下でそのタイヤが走行できる速度(最高速度=能力)を示す記号で、タイヤサイズの最後に必ず書かれています。例:[195/65R15 91 Q]

Q=160 km/hになのに対して、ミシュランタイヤがクリアしている「H規格」は、210km/hまでの耐久性があります。

実際に、210km/hで走行することは無いかと思いますが、その分耐久性に優れているという事です‼︎

硬いコンクリートに対して、柔らかいスタッドレスタイヤの硬度は劣ってしまいます。

少しでも長く安心してスタッドレスタイヤを使用していただく為にも、速度レンジに優れたミシュランはお勧めです(^ ^)

 

また、速度レンジの前に書いてある2桁の数字ですが、こちらはLI(ロードインデックス)といいまして、タイヤ1本で支えることのできる最大負荷能力を示す指数です。

ロードインデックスの規格もミシュランタイヤは、他のメーカー比べて高い基準をクリアしています。

ミシュランタイヤは、夏タイヤと変わらない直進安定性・コーナー安定性を実現します(^ ^)

 

に

アクシス大阪では、ミシュラン X-ICEシリーズのご予約・販売を承っています♪♪

在庫・価格につきましてはお気軽にお問い合わせ下さい(^ ^)

もちろんアルミホイールセットの販売も行っています‼︎

 

今回は、「非降雪地域の方」にスポットを当ててご紹介しましたが、車種やご予算に合わせたプランニングもお任せ下さい(^ ^)

カテゴリー:

Blog一覧

このページの先頭へ

RISE AUDIO VISUAL

AXIS YOKOHAMA

AXIS PRODUCTS