Blog

サービスパッケージ/価格

  • カメラ
  • ライト
  • オーディオ/ナビ
  • レーダー/ドライブレコーダー/セキュリティ
  • コーディング変更
  • テレビキャンセル/リアモニター
  • AXISインディビジュアル
  • ボディコーティング
  • ホイール/サスペンション
  • マフラー/コンピュータ
  • エクステリアアイテム
  • インテリアアイテム

Blog

Blog一覧へ

カテゴリー

ホーム > Blog > 高山持論編パート2 ータイヤ選びのポイントー

高山持論編パート2 ータイヤ選びのポイントー

2016年12月16日

こんばんは

アクシス大阪の高山です(^ ^)

 

本日ご紹介するのは、タイヤ交換です(^ ^)

皆様は、タイヤ交換をされる際に、どういった基準で商品を決められていますか⁇

タイヤは国産ブランドから海外ブランドまで、幅広いラインナップがあり、ご購入の際は販売担当者任せになっていませんか⁇

私の持論ですが、「タイヤは値段が高い物が一番良い‼︎」という訳ではなく、普段からご使用になられるオーナー様のニーズに合わせたタイヤ選びが、ベストと考えています。

アクシス大阪では、お客様との事前打ち合わせでニーズの聞き取りを行い、商品の手配、交換作業に至るまで、愛車のタイヤ交換を全力でサポートさせていただきます(^ ^)

 

今回、タイヤ交換をご相談をいただいたお車はマセラティ ギブリ様です

ギブリ様の積算距離は約10000kmです。

「え⁇ 10000kmでタイヤ交換⁇」と思われる方も多いかと思いますが、

ギブリの場合、8000〜10000kmで交換される方がほとんどです。

108

 

交換前のタイヤをご覧いただきます。

105

画像では分かりづらいですが、サイドに比べてセンター部が激しく磨耗しています。

こちらは、「センター磨耗」という症状で、空気圧を高く充てんし過ぎた事によって、回転時にはタイヤがつま先立ちしたような状態になる事によって起きる症状です。

言葉で表現すると、タイヤを横から見た時にセンター部がへこんでいる状態です。

運転中にどのような症状が表れるかといいますと、マンホールや道路のつなぎ目でハンドルを取られやすくなったり、制動時にハンドルがぶれたりと危険です。

タイヤが持つ本来の性能も低下し、「止まる」・「支える」・「伝える」の基本動作が正常に機能しなくなりますので、とても危険な状態です(-。-;

毎日お車を使用していると、先ほどご紹介したタイヤの磨耗や劣化による症状に気づきにくく、雨の日などに「ヒヤッと」して初めて気がつくといった事も少なくありませんので、日頃のタイヤ点検が重要となります。

 

それでは、タイヤを選ぶポイントについてご紹介します(^ ^)

私が思うに、全ての機能がパーフェクトなタイヤ存在しません。

各タイヤメーカーが、ターゲット車種や国や地域のニーズに合わせたコンセプトをもとに、開発・製造していますので、まずはお客様のニーズを確認する事が重要です。

 

ギブリの純正タイヤは、ピレリ P ZEROが装着されています。

欧州車の純正装着に多く採用され、剛性力とグリップ力に優れたタイヤです。

アウトバーンなどの、高速走行時にも優れたパフォーマンスを発揮できるように、耐久性を重視して作られているタイヤです。

優れた耐久性とは反面に、路面から伝わる衝撃を拾いやすく、好みは分かれますが「乗り心地悪い‼︎」と、感じられるオーナー様も少なくはありません。

 

今回作業をご用命いただいたギブリオーナー様も同意見で、「新しいタイヤは、乗り心地が良いタイヤ‼︎」「でも耐久性も欲しい、、」という事でしたので、タイヤの選定には悩みましたが、先日ご招待いただきました発表会の際に、私が好印象を持ったタイヤをお勧めさせていただきました。

 

スクリーンショット 2016-12-16 16.23.49

106

DUNLOP SP SPORT MAXX 050+は、欧州車用に開発されたハイパフォーマンスタイヤです(^ ^)

何と言っても、Japanブランド‼︎ 近年では欧州車の純正装着としても良く見かけます。

国内メーカーに求められる第一の条件は、「乗り心地」です。

軽自動車から高級セダンまで、幅広いメーカーに純正採用されている、DUNLOP独自のコンパウンド技術で、海外メーカーのタイヤには無い、しなやかで柔軟性のある「乗り心地」を実現しています。

 

問題の耐久性ですが、左右非対称パターンが採用しアウトブロックの剛性力を強化‼︎

タイヤの接地面全体に対して均等に荷重がかかるように設計されていますので、偏摩耗を抑える事によって、長く安心してご使用いただけます♪♪

重量がある欧州車であっても、高い操縦性能と安定性を実現し、直進・コーナー安定性を実現します(^ ^)

まさに‼︎国内ユーザー様のニーズと豊富な欧州車サイズラインナップを揃えた、タイヤではないでしょうか⁇

 100

 

アクシスでは、今回ご紹介したダンロップタイヤ以外にも、ブリヂストン・ヨコハマなどの国産ブランドに加えて、ミシュラン・コンチネンタルなどの海外ブランドまで幅広くお取り扱いしています。

タイヤ交換のお考えのオーナー様‼︎

タイヤは高額で、交換後は長くお付き合いいただくアイテムです。

オーナー様のニーズに合わせた正しいタイヤ選びは、私、高山にお任せ下さい(^ ^)

女性オーナー様や、オーナー様の奥様にも、「なぜ、タイヤ交換は必要なのか⁇」「タイヤの値段差」を分かりやすく、ご納得いただけるようにご説明させていただきます(^ ^)

 

タイヤ交換でお悩みの方は、まずはお気軽にお問い合わせ下さい(^ ^)

お問い合わせフォームはこちらから→AXIS OSAKS ホームページ

 

誠に勝手ながら、弊社は下記の期間を年末年始休業とさせていただきます。

■年末年始休業期間■
2016年12月29日(木) ~2017年1月3日(火) ※6日間

■お問合せ対応について■
休業期間中にいただいたお問合せは、2017年1月4日(水)より順次ご対応させていただきます。
回答までにお時間をいただく場合がございますが、予めご了承下さい。

上記につきまして、大変ご不便をおかけ致しますが、
何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。

株式会社AXIS
AXIS OSAKA

 

カテゴリー: | |

Blog一覧

このページの先頭へ

RISE AUDIO VISUAL

AXIS YOKOHAMA

AXIS PRODUCTS