デモカー紹介

サービスパッケージ/価格

  • カメラ
  • ライト
  • オーディオ/ナビ
  • レーダー/ドライブレコーダー/セキュリティ
  • コーディング変更
  • テレビキャンセル/リアモニター
  • AXISインディビジュアル
  • ボディコーティング
  • ホイール/サスペンション
  • マフラー/コンピュータ
  • エクステリアアイテム
  • インテリアアイテム

Blog

Blog一覧へ

カテゴリー

ホーム > デモカー紹介 > ROLLS ROYCE WRAITH

ROLLS ROYCE WRAITH

オーディオ

AXIS デモカー

ROLLSROYCE WRAITHのご紹介です。

IMG_1291

外観はNOVITECのエアサスモジュールにてローダウン

ホイールスペーサーで少しワイドトレッドにしたシンプルエクステリア

WRATHの貴賓さは崩さず極上シンプルルックに仕上げてます♪

 

デモカーを製作する際に必要不可欠なテーマですが、

今回このド級の車両に求めたテーマは、

ーーカーオーディオでの未踏の地へーー

ド級の車に求めたのはド級のサウンド

極上の車へ極上のユニットと今まで培った技術をフルに投入し

現在のデジタル機器で極限まで追い込んだ空間再現

 

 

まずユニット選定ですが、

評価していただくコンペのレギュレーション等も考慮し選んだのが以下

 

Linear PCM PLAYER

main2

BEWITH STATE MM1-D

 

DSP

main2

BEWITH Mirror Station AZ-1

 

AMPLIFIRE

main1

BEWITH Accurate A110SⅡ

 

POWER REGULATOR

main2

BEWITH  Accurate A-50A

 

SPEAKER

59706

FOCAL Utopia ULTIMA Be

 

POWER CABLE

 

M&M DESIGN  SN-MS5400/MS5800

 

SPEAKER CABLE

M&M DESIGN  SN-MS7500Ⅱ

 

RCA CABLE

M&M DESIGN 7N-MA7000Ⅱ

 

FUSE&DISTRIBUTION BLOCK

audio technica

 

これらのユニット群を使用し、

同じクオリティで複製できるよう製作。

ここが今回の最重要ポイント

 

ワンオフではなく、製品として提供する。 他にはない試みです。

 

製作はAXIS TECHNICALBASE にて

先ずは

ユニット位置の選定や

ワイヤリング経路

トランク周りの使い方等を考慮したユニット配置等を

各部バラシながら決めていきます。

 

IMG_0774

新たにハイエンドシステムを追加し、純正との2システムでインストールする為

純正ユニットを残しつつ、且つ車の品位を落とさぬよう事前構想は必須です。

 

DSC_2685

ROLLS独特のスーサイドドア

ワイヤリング経路は普通のドアよりもショートカットできますが、

肝心のスピーカーユニットを付けたい場所はドアの支点から一番離れた場所。

しかも16cmユニットが入るスペースなんて全くありません・・・。

ROLLSからの挑戦状

求められるインストレーションレベルは超ハイエンドでしたが、

 

今まで培った技術を以って施工致しましたドアは

IMG_0105

問題のスペースも確保し、パリっとインストール!

フルカーボン化したパネルはオプション仕様です^^

IMG_0120

凛々しく佇むツィーター は高級ホームオーディオをイメージしデザイン

ツィーターの微弱な振動でさえ、受け止める強度を求められるハイエンドオーディオ

ジュラルミンのバックチャンバーと支柱で受け止めます。

 

 

トランク内 ユニットとエンクロージャーの配置を製品化できるよう、

大まかな感じをまずイメージ。

製作するスタッフと共有する為、スケッチします。

IMG_0731

原寸のユニットを実際並べると、絵のような配置にはいきませんでしたが、

こういうスケッチがあると、コレは嫌、ここはこうしたい という具体的な意見は出しやすいものです。

 

3

 

DSC_2832

ラックはすべてジュラルミン

ケーブル経路も計算し無駄なく配置

 

IMG_1128

組み上げながら修正箇所をチェックし製品にしていきます。

 

DSC_2774

サブウーハーのエンクロージャー内部

 

DSC_2814  

WRAITHはリヤシート背面が可動式ではない為、

アームレスト上部からポートを室内に引き込みます

 

DSC_2830

 

2

化粧パネルはブラックレザーにて仕上げ

綺麗に収まりました。 

 

DSC_2811

サブウーハーのエンクロージャーやユニットを組付けたラックを支えるベース部は、

点支点にし、車両剛性に不可かけないように製作。 

 

1

 

IMG_0123

もろもろ組み込んだ状態がこちら

FUSEやリレー類はアクセスし易いよう表面に配置

ラックサ両サイドに通気用ファンを設け熱こもりを防ぎます。

 

DSC_3573

純正調カーペットでデザインパネルを製作しフィニッシュ

重厚感あるロゴの左右にデザインバーを配置しROLLSのイメージを

スモークパネルから覗くアンプのLEDがアクセントになってます。

 

4

 足早に紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

普段あまり見る事のないデモカーの裏側が少し垣間見れたかと思います^^

 

IMG_8253

大阪オートメッセや各雑誌媒体での紹介で話題を呼んだデモカーWRAITH

電源を入れた瞬間

風格漂う室内からは今まで聴いたことのない空間が浮き出し

楽曲個々の持つ世界観へと誘います。

IMG_69711

評論家様やFOCAL本国マネージャー様にも認められたサウンドは

FOCALサウンドコンテストにて2年連続優勝!

IMG_0995

音楽の楽しみ方は様々ですが、

住まいでオーディオを楽しむ事が難しい昨今

カーオーディオの発展は必須。

プライベート空間の第一候補は誰にも邪魔されない車内。

AXISでは今回のような様々な事にチャレンジし

得た経験と技術を次またお客様車両へとフィードバック

珠玉の空間創りをご提供させていただきます。

 

 

デモカー紹介一覧へ戻る

このページの先頭へ

RISE AUDIO VISUAL

AXIS YOKOHAMA

AXIS PRODUCTS