事例紹介

サービスパッケージ/価格

  • カメラ
  • ライト
  • オーディオ/ナビ
  • レーダー/ドライブレコーダー/セキュリティ
  • コーディング変更
  • テレビキャンセル/リアモニター
  • AXISインディビジュアル
  • ボディコーティング
  • ホイール/サスペンション
  • マフラー/コンピュータ
  • エクステリアアイテム
  • インテリアアイテム

Blog

Blog一覧へ

カテゴリー

ホーム > 事例紹介 > 大阪府より VW パサートヴァリアント デイライトコーディング

大阪府より VW パサートヴァリアント デイライトコーディング

デイライトコーディング変更

フォルクスワーゲン

[コーディング変更]とは、もともと車両にプログラムされている機能を呼び起こし、有効化にする作業です。

国内仕様の車両は、保安基準の関係で無効化になっている純正機能があり欧州車使用へのコーディング変更のご用命を多くいただきます。

アクシス大阪では、最新にアップデートされたコーディングテスターを使用してコーディング変更致しますので、お客様のお車を安全かつ確実にコーディング変更する事ができます。

今回は、VW パサートヴァリアント様への施工事例をご紹介致します。

IMG_6214

 

今回ご用命いただいたメニューは、日中の安全対策に効果的なデイライト有効化です。

デイライトは本国使用のお車であれば標準設定ですが、国内仕様の場合保安基準の関係でスリープ状態で納車されます。

プログラムでスリープ状態のデイライト機能を、コーディングテスターを使用して呼び起こす事によって有効化となります。

IMG_6203

 

新型パサート ヴァリアントの特徴的なLEDラインが光量を増して発光しますので、前方を走る車や対向車に自社位置をしっかりと示す事ができます。

IMG_6202

 

ディスカバープロの設定画面より、デイライトON/OFFの切り替えも簡単に行えますので、ディーラー様での定期点検の際は、ご来店いただくことなくお客様ご自身で簡単に設定変更が可能です。

IMG_6204

 

VW パサートヴァリアントへのデイライト有効化コーディングは大阪市内ありますアクシス大阪にお任せ下さい。

事例紹介一覧へ戻る

このページの先頭へ

RISE AUDIO VISUAL

AXIS YOKOHAMA

AXIS PRODUCTS